川口グリーンセンター    12月4日(水)参加者9名 

忙しくなる師走の一日、風もなくお天気にも恵まれ、紅葉も終わりかけた園内を散策。12時に、滝の水が流されるとの情報に合わせて、滝の前に集合。思ったよりダイナミックなミニナイアガラの滝に歓声が上がる。レストランで昼食。13:53分のバスに乗り帰路へ。




大宮花の丘公苑 10月3日(参加者10名)


さいたま市の北で大宮台地を流れる鴨川のほとりの、111㌶の広い花の丘公苑を訪ねた。(上尾駅より循環バス20 分)園内は植物の端境期で、植え替え作業が行われていた。途中の小高い丘に登ると、遥か遠くに赤い絨毯を敷き詰めたように、真っ赤なサルビアが一面にひろがったいる。


染谷しょうぶ園・菖蒲、紫陽花 6月14日    

(参加者13名)

梅雨の真っただ中、幸運にも雨が上がり、傘が邪魔になるくらいの日となった。前日の雨に濡れた色鮮やかな菖蒲と紫陽花の花、心ゆくまで観賞した。昼食後、見沼くらしっく館で、坂東家についての説明を受け、昔の暮らしに思いを巡らせた。


東松山森林公園・ルビナス  5月24日      (参加者16名)

 ルビナス鑑賞にはまだ早かったが、さわやかな日で、気持ちよく森林公園を散策した。



鴻巣・サルビア 2012年10月12日(金)      (参加者16名)

北鴻巣駅から、可愛い巡回バスに乗り約10分程で現地に到着しました。そして刈入れの間近い小金色の稲穂を見ながら畑道を歩いて、その1角に植えられた“朱紅色”のサルビアを観賞しました。昼食は「花久の里」という地元では有名という店で“うどん”を大広間で各自がそれぞれのお好みのメニューを注文して、楽しいひと時を過ごしました。この店は立派な門構えがあり、前庭に植えられたサルビアは先ほど観たのより色栄えが良いとの皆の評判でした。                



                                   戻る