ハイキングクラブ


「年1回のバスハイクで、標高の高い涼しい夏山登山をしました。

7月29日、総勢12名、6時半に北浦和を出発。甲州市道の駅:牧丘で2台目の小型バスに乗り換え大弛峠へ。目指すは奥秩父連峰のひとつ標高2592mの“国師ヶ岳”。

準備体操をして大弛峠を10時にスタート、白山石南花に出迎えられて木道階段、花崗岩の間を232m登り、開けた巨岩の散在する頂上に12時に到達、山裾から霧雲がはい上り、折角の霊峰富士山は望めなかったが、皆さん思い思い、涼しい岩の上で持参したお弁当を楽しんでいました。帰路は隣接の北奥千丈岳(2601m;奥秩父連峰の最高峰)に登り、2時過ぎに無事大弛峠に下山しました。若干標高が高いので高山病を心配しましたが何とかならずに元気に夏山を楽しめました。

                             小笠原:藏重記


草津白根山

7月30日(火)   参加者12名(男性7名、女性5名) 

北浦和からバスで、草津にある白根山(標高約2160m)にハイキング登山。ゲリラ豪雨にも遭わず、湯釜では霧に覆われることもありましたが、気温18度の爽やかな天候に恵まれ、ハイクの途中コマクサとリンドウのきれいな群生が見られ、またカモシカの親子とも遭遇したり、一日皆さんしばし鋭気を養い無事帰宅することが出来ました。        (記・O 写真O・M)